2018年04月05日

100均の塗料の検証★

100均の塗料の検証してみました!


先日FBページの方に載せたのですが。。。

今どきの100均はDIYのグッズ
たくさん販売されていますね☆


こないだ、ダ〇ソーにて気になった
こちらの4点を研究のため購入。

・漆喰
・珪藻土
・アンティークメディウム
・クラッキングメディウム


どんなものなのか、実際使ってみました!




漆喰・・・珪藻土・・・

まぁ「質感の表現に」と書いている通り
“風(ふう)”という感じです。

普通のペイントにちょっとザラザラした感があるという感じで
見た目にはまったくわかりません。

2度塗り3度塗りしましたが、さほど大差なく
凸凹感も特にないので、本物っぽくは見えないです。



 

↑ このような感じです。



アンティークメディウムですが、

塗りの加減が難しい!テクニック要ります。



これならば、いつもボックスゼロのDIY教室内で
ペイントの時に「アンティーク塗装の仕方」
レクチャーさせていただいていますが
そちらの方が簡単で誰でも間違いなく
良い雰囲気に出来るので
そちらをご受講ください^m^

ちなみに、4月は19日(木)持ち手つき【ガーデンバスケット】


こちらのレッスン内でもアンティーク塗装レクチャーありますのでぜひ!
ただし、もうすぐ満席になりそうですので、お早目にお申込みください。



そして
クラッキングメディウムですが・・・

こちらは優秀!
この金額でこの仕上がりは思った以上でした!



ただし塗り方が難しいので、訓練が必要かもです。
それに最低でも3回の工程があるので
時間がある時にチャレンジする方が良いと思います。

詳しく説明しますと↓↓↓

①ペンキを下塗り
水性でOK。この色がクラックの間から見えるので、
よく吟味して色を選んでください

②下塗りが完全に乾いてからクラッキングメディウムを塗る
ちょっと厚めに塗るのが良いかもです。
ただし均一に塗らないと後の工程が大変になります。
そしてクラックも出来たり出来なかったりしてしまいます




③クラッキングメディウムを乾かす
この乾き具合を見極めるのが一番のポイント!
そして一番難しいところです。
指でさわってみてベタッと付いてくるのではなく、
ネッチャリと付いてくるような感じまで乾かします。
決して乾かしすぎないように。




④そして次は上塗り
なるべく大きな刷毛を用意し使ってください。
ペイントは水性でOK、でも薄めない方がいいです。
刷毛に塗料を付けたらサッと大胆に一息に塗ってください!
何回もベタベタ塗るとまだらになり、上手くクラッキングにならないです。
サッと塗ると、塗ってすぐにパリパリっと割れてきます。



ちょっと気持ちいいです(*^_^*)
クラッキングメディウムの塗り具合の悪いところや
乾きのタイミングが悪いところは、
やはりきちんとクラッキングにならないですね。
そこがやはり難しい!

でもそれでもなんとなく雰囲気がちゃんと出ていい感じです♡
ちょこっとしたDIYには
これでじゅうぶんだと思います。おそるべし100均!

////////////////////////////////////////////////

こちらの4つはDIYスペースの方に置いていますので、
ご興味のある方はぜひ見に来てください。
端材などに試し塗りしていただいてもOKです♪


また何か気になるものがあったら検証しますね
こんなの検証して欲しいというものがあればご連絡ください☆
こんなのも売ってたよという情報もお待ちしています!

ちょっとユーチューバ―気分でブログ書きました(笑)
あっほんまに動画にしたら良かったな~
また今度やってみます(*^_^*)

オーナー*岡本


  • LINEで送る

同じカテゴリー(DIY リノベーション)の記事画像
7月のDIY教室のお知らせ
オリジナルダイニングテーブル作り
ホワイトボード
災い転じて☆
DIY教室に関する打ち合わせ♪
DIY教室♪素敵なタイルトレー色々できました!
同じカテゴリー(DIY リノベーション)の記事
 7月のDIY教室のお知らせ (2018-07-03 14:22)
 オリジナルダイニングテーブル作り (2018-04-06 08:00)
 ホワイトボード (2018-04-01 13:27)
 災い転じて☆ (2018-03-31 17:07)
 DIY教室に関する打ち合わせ♪ (2018-01-20 11:30)
 DIY教室♪素敵なタイルトレー色々できました! (2017-07-01 12:53)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。